新型フィット

ホンダの新型のフィットが販売されるのですが、ここまでの経営課題でもありながら、

ホンダの今後の展開にも大きく左右するであろうフィットの販売に向けて、いかにコストを

落とすか?というところが過大であったようですが、調達する部品をいかに安く生産するか?

というところでの改善によってコストを2割削減できたということです。

当然、販売価格自体は変わらないかと思いますが、これによって利益拡大につながるのは

間違いないので、あとは販売戦略のみで今後の動きに注目です。

全世界に向けてホンダが動き出している模様です。

実際の消費者でも私たちにとってもメリットのある、そんな車であってほしいですね。

もちろん販売価格の面でも。